サンバーン

痛いくらい、痒みをともなうサンバーン。対処を間違えると治療も必要ですから。その前に日焼け止めをしましょうね。

サンバーン後の皮むけやかゆみへの対処

f:id:hiyakeboosi:20170527141518j:plain

サンバーン(日焼け)すると皮むけしたり、かゆみが出てきたりします。サンバーンはご存知のように一種の火傷です。つまり皮膚が傷ついた状態になっているということなので、人間の体はそこから回復しようとします。つまり新しく皮膚を作り直そうとするわけです。

通常時、つまりサンバーン(日焼け)していないときでも実は人間の体は細胞レベルで生まれ変わっています。実際2ヵ月後は別人だなんて話もあるとか。ですので、皮膚だっていつも生まれ変わっているのですが、想定異常にサンバーン(日焼け)で傷ついてしまったために、生まれ変わるスピード、再生スピードが追いつかない状態になります。

そうすると皮がむけてしまったり、水分が不足して、かゆみが発生したりします。さて、この際にどのようなことをすればいいか、ですが、変なお薬とかはあまりおすすめしません。かゆみはおさえられたように思うかもしれませんが、実際は回復が遅くなるばかりだからです。かゆみさえ抑えられればいいということであればそれでもいいのかもしれませんが。しかし、回復機能も押さえ込んでしまっているので、それが原因でもしかしてシミなんかができるかもしれません。

そうならないためにどうすればいいか。まず回復を促進することをしましょう。具体的には、

・サンバーンした部分に刺激を与えない。

・肌の成分になるコラーゲンを含む食べ物をたくさん食べる

・抗酸化作用を持つビタミンCやEを摂る

・きちんと睡眠をとる

これらが上げられます。市販の薬だったり、皮膚科に良くとお薬をもらえて、なんだか快方に向う気がしてくるのはわかりますが、それは気がしているだけであって、実際は回復スピードを落としたり、シミの原因になったりと散々です。

人間の体は日々入れ替わっているのです。細胞はどんどん新しくなります。だから傷ついたらその新しくなるのを待たなくてはなりません。となると、細胞が新しくなるために必要な材料や環境を整えてあげる、これがやるべき対処なのではないでしょうか。

そのための対応が上記に列挙した内容です。

色素沈着は治るのか

f:id:hiyakeboosi:20170520222320j:plain

サンバーン(日焼け)して色素沈着するとちょっとあせりませんか?とうとうやってしまったかと。そうです。やってしまったんですよ、それ。色素沈着はかなりしつこいですからね。シミですめばいいですけど、酷いときはお肌自体が荒れたりとか本当に大変です。

ももう色素沈着してしまったらどうしようもないですから。どうするかを考えましょう。

まず必ずやらなくてはいけないのは、一旦サンバーン(日焼け)はやめるということです。皮膚がある意味損傷しているわけですから、その状態でさらなる紫外線による刺激を与えたら、悪化するだけです。すぐにやめましょう。

次に、皮膚科に・・・は行かないほうがいいでしょうね。お薬出されて終わりだから。美白もしないほうがいいでしょうね。無理に肌の色を落としても、肌に負担がかかるだけだから。

どうすればいいか。

答えは、とにかく代謝を上げることで、肌のターンオーバーを促す。はい、これだけです。そんなことで!って思うかもしれません。そして短期的にはもしかしてなんとか美白とかしたら綺麗に見えるかもしれません。でもそれ、見えているだけです。肌が再生したんではなくて、色を抜いただけとか、そういった感じです。それって根本的な治療、対策にはなってません。

必要なのは、シミ、色素沈着した部分の皮膚を再生することです。再生は人間の体が自ら行うものであって、薬を投与するなどして行うべきものではありません。となると自らの皮膚が再生するために必要なことをやるしかないと思うのです。それは化学薬品を投与することでも、色素を抜くために手術することでも、新たに日焼けしてサンバーンすることでもないはずです。

代謝を促すための方法はは下記を行いましょう。

1.適度な運動

2.十分な休息

3.十分な栄養

3が一番重要かもしれません。3なしには1と2があっても代謝は上がらないでしょうね。必ず栄養を摂ること。これが肌を再生するための最重要前提条件ですから。

サンバーン対策の日焼け止めで見落としがちなこと

f:id:hiyakeboosi:20170518224852j:plain

サンバーン対策、日焼け止め塗ってますか?そろそろ紫外線本格的に強い季節になってきました。気象庁の日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフを見ると、7月末、8月頭がピークのようですが、5月、6月も十分に高い水準です。

f:id:hiyakeboosi:20170518224432p:plain

日中外を歩くことがある時は気をつけたほうがいいかもしれません。ただし、あまり日光を避けすぎるのも、ビタミンDが生成されないので、注意が必要です。10分~15分くらい軽く日光を浴びておくと、メンタル的にもいいでしょう。

 

そして何よりも、サンバーン対策に日焼け止めをぬる時に忘れがちなことがあります。それは水中にいても日焼けはする、ということです。紫外線は水をすり抜けてきます。海にいるときもそうですが、水に入っているからといって日焼けしないわけではありません。

 

そうなるとどうすればいいかというと、ウォータープルーフな日焼け止めが必要ということです。ちょっとやそっとで日焼け止めは落ちないという風に考えるかもしれませんが、やはり落ちてしまうものは落ちてしまいますから。。そしてサンバーンになるくらいだったら、やはりウォータープルーフな日焼け止めにしておいた方がいいでしょう。

サンバーンにオロナインは最悪の対策の一つ

f:id:hiyakeboosi:20170514133602j:plain

サンバーン(日焼け)したら、何か治療をしたくなる。というか日本人は特にかもしれないが、何か症状が出ると、すぐに薬をつけたり飲んだりしたがりますね。薬飲まないともう気がすまないみたいな。それで医療費が増えたってそりゃーね・・・

 

話がそれましたが、サンバーン(日焼け)した時につける薬の候補としてオロナインは最悪なものだとお伝えしておきましょう。だってオロナインってひび、あかぎれ、しもやけ、きりきず、にきび、水虫といった症状に対して作られた軟膏ですよ。消毒とかそういったことを目的としています。ではこれ、サンバーン(日焼け)に効果あるんでしょうか?

 

おそらくほぼないでしょう。だってそんな刺激をあたえるくらいだったら、冷やしておくのが一番ですから。

 

このことを考えるために、試しにサンバーン(日焼け)から完全に回復したというのはどういう状態か、ということを考えて見ましょう。色が黒いままか、色が白くなるまでか、というところに少しの差はあるものの、皮膚が正常な状態に戻ったら、ということになるのではないでしょうか。

 

さて、ではその皮膚が元に戻るには何をするのがいいのでしょうか。というか、してはいけないこと、それは皮膚を刺激し、皮膚の再生を妨げることです。再生を妨げることは全てやってはいけません。逆に再生を助けることであればどんどんやるべきでしょう。やるべきことの代表例はたんぱく質を摂ることです。体の材料ですから。脂質もね。

 

そして再生を妨げることを徹底的に排除しましょう。オロナイン。全く持って再生を妨げることになるでしょう。オロナイン自体はいい薬だと思いますよ。切り傷なんかにはすごく有効でしょうね。でもサンバーン(日焼け)については肌の再生を妨げることになるので、使うのは特効薬とは言えませんね。

 

サンバーン(日焼け)した後からオロナインなんてつけるくらいだったら、普段からサンバーン予防に精を出したほうがいいでしょうね。

xn--vckuc6eb8bz453ah36g.com

サンバーンの対処、治療に化粧水は危険?!

f:id:hiyakeboosi:20170505120004j:plain

サンバーン(日焼け)してしまい、どうにかしたい。お肌が荒れるのも防ぎたい。そこまで強いと思ってなかった日差しが、意外にもサンバーン(日焼け)につながってしまい、どうにかしたい。そんな時ってありますよね。

こんな時に一番ちょっと危険かも?というのは、刺激を与えることです。もちろんパンパンと叩いたりすることは、肌がダメージを受けている状態なので、さらなるダメージにつながりますからNGですが、それ以外にも刺激を与えてしまうことがあります。

それは、いわゆる外からの刺激です。化粧水や何か鎮痛剤のようなものをつけてしまうと、何となくサンバーン緩和になるかも?と思ってしまいそうですけど、結局は肌が自分で再生しようとするのを妨げるだけになります。どんなに天然成分配合とか歌っている化粧水であっても化学薬品は入っていますし、鎮痛剤なんてもっと入ってます。何よりも肌が再生することにどれくらい寄与するかというところが疑問ですね。

では化粧水ではなくて何をつければいいのでしょうか?それを知るためのヒントは、肌はどうやって再生するか、ということになってくるでしょう。薬や化粧水というのは表面的な痛みを緩和するためのものです。本質的にはお肌が再生しない限り、サンバーン(日焼け)対策にはならないのです。化粧水がお肌の材料になってくれればいいんですけどね。

ということは、お肌の材料となるようなものを補給、つまり食べるしかないのではないでしょうか。まずはたんぱく質、そして脂質。さらにはビタミンです。ビタミンはA、B、C、D、E全て重要になってきますので、もし細かいことがわからない場合はマルチビタミンなんかを試してみるといいかもしれません。特にビタミンBは美肌にもいいですので、オススメです。

 

 栄養を補給しない限り肌が復活するスピードはあがりません。変に刺激を与えないようにし、そして栄養を補給してあげる。これが治療法としては最強です。くれぐれも薬をつけることで治る、と考えないようにしましょう。薬によって得られるのは、痛みの緩和です。もちろんそれも短期的には重要ですが、本質的な解決にはなりませんので。

 

サンバーンのピーク時はどうすればいい?

サンバーンしてしまうと、だいたい24時間~48時間くらいでピークがやってきます。ひりひりしてすごく痛い期間になります。まさにサンバーン、日焼け、つまり火傷をしていることを実感する時間帯ですね。

 

ではこの期間中はどんなことを対処としてはやっておけばいいのでしょうか。これには考え方が重要で、何をしないか、と考えたほうがいいかもしれません。重要なのは、余計な刺激を与えないことです。何か薬をつけることで痛みを取りたいといったことを考えるかもしれませんが、一番いいのは放置です。何もしないで置いておいくことが一番いいです。

 

でもやはりサンバーンは火傷ですから、冷やすといったことはしてもいいでしょう。そしてアロエをつけるというのも、日本では伝統的に行われてきたことなので、やってもいいでしょうね。アロエは、葉っぱをもぎって、中の身の部分を火傷した部分に塗ってくださいね。

 

f:id:hiyakeboosi:20170425222141j:plain

写真のアロエの葉の中にある透明のところです。あそこを火傷した部分に塗ってあげるのです。

サンバーンでかゆみが発生する仕組みと対処・対策

f:id:hiyakeboosi:20170422135711j:plain

サンバーンになると、日焼けすると、なんだか肌が痒くなりますね。そして掻くと肌がぼろぼろと落ちて汚い・・・なんて経験あるでしょう。

 

サンバーン(日焼け)するとどうして痒くなるのか。その原因について掻いてあるではなく書いてある記事があまりないですね。UVAとUVBのうちUVBが痒みを引き起こしてる、くらいまでは書いてありますけど。

 

UVAとUVBは紫外線の中でも波長の違いを表しています。もう1つUVCってのがありますが、これは地表まで届きませんので、あまり考えなくてもいいでしょう。UVBは地表まで届く紫外線のうち5~10%を占めるに過ぎませんが、結構強力で、これが火傷レベルのサンバーン(日焼け)を引き起こしてるのです。

 

他の記事だとここまでですね。。

では痒みとは何によって引き起こされているでしょう?

ddnavi.com

全てが書いてあるわけではありませんが、この記事によると、、、

皮膚がかゆくなるのは、気温が関係しているという。寒くなると血流が表面まで来ないので、それによって皮膚が乾燥してかゆくなるのだそうだ。

ということです。

サンバーン(日焼け)をするということは寒いわけではないですが、皮膚が乾燥するというところは共通してます。そう、おそらくサンバーン(日焼け)によって、皮膚の水分を全部とられてしまった結果痒くなるのではないでしょうか。

 

ということは、痒みから逃れるためには、水分補給をしてあげればいいでしょう。保湿をしてあげてもいいですし、水分を多く摂ってあげるのもいいかもしれません。まぁ保湿でしょうね。保湿。サンバーン(日焼け)する季節に水分摂りすぎると下痢したりしますから。水分摂るためといってビールを飲みすぎちゃう人だっているでしょうから。人間理由つけていろいろと堕落したがるものですしね。

 

サンバーンによる痒みへの対処、対策には保湿。これを覚えておきましょう。